自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

腸内細菌の働き

人間の細胞は60兆個ほどですが、腸内細菌は500種類以上、100兆個以上も存在することが分かっています。

500種類以上の様々な菌がお互いに密接な関係を保ちながらバランスを形成しています。

腸内細菌は腸に運ばれてきた食物を発酵・分解し、栄養素を合成して身体にきちんと作用する形で行き渡るようにしています。

また、腸の中に入ってきた異物を攻撃して、体外に排泄するように促したり、腸の蠕動運動を促して便を出しやすくしています。

 

腸内細菌の働きには、以下の作用があることが知られています。

腸内細菌は病原体の体内侵入に際して、それを排除するように働きます。

・ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンKなどのビタミン類も腸内細菌が作ってくれています

・腸内細菌は幸せ物質であるドーパミンやセロトニンを合成し、その前駆体を脳に送っています。

・免疫力のおよそ70%が腸内細菌と腸粘膜細胞との共同作業で作られていると言われています。

 

腸の老化

日本人の腸内細菌数は戦前に比べて、とても少なくなっています。

腸内フローラのバランスも崩れていて、日本人の腸年齢も老化してきています。

日本人の腸内細菌が減少した要因は、添加物が使われている食品を摂取する機会が増加したことや、食生活の乱れ、ストレスの多い現代の社会環境も関係していると思われます。

 

病気との関係

腸内細菌が減少し、腸内フローラのバランスが崩れることによって、起こる病気はたくさんあります。

たとえば免疫力が低下し、アトピーやぜん息、花粉症などのアレルギー性疾患が起こってきます。

また、がんの発生を促します。

最近、増えてきた潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患も発生しやすくなります。

 

善玉菌の働き

・消化吸収を助ける。

・免疫に関わる。

・腸内に入ってきた異物を体外に排泄する。

・外部から侵入してきた病原性の細菌が腸内で増殖するのを防ぐ。

・悪玉菌の増殖を防ぐ。

・腸の蠕動運動を促進して、排便力を高める。

・活性酸素を体外に排泄する。

腸の中の善玉菌が活発なほど健康的になります。

 

悪玉菌の働き

善玉菌は人体に必要な栄養素を合成するのに対し、悪玉菌は有害物質を生み出してしまいます。

悪玉菌が増殖すると

・腸内環境が悪化し、毒素が体内に巡ってしまいます。

・悪玉菌が腸内で優勢になっていると身体に良い食べ物や健康食品を食べても悪玉菌によって腐敗が起こります。腐敗した結果、毒素が生産されてしまいます。

 

日和見菌の働き

日和見菌は腸内細菌のなかで最も多く、全体の70%を占めています。

日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にも属しませんが健康状態によってどちらかになびいてしまいます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する