自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

腸内フローラとは

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。

これら腸内にすんでいる細菌は、腸内菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、腸内フローラと呼ばれています。

 

腸内細菌は人それぞれ

腸内に生息している細菌の種類は、人がそれぞれ顔や個性が異なるように、その人その人でまったく違います。

また、腸内フローラの状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。

腸内菌を大きく分類すると、善玉菌、悪玉菌、そしてどちらにも属さない中間の日和見菌に大別できます。

 

腸内腐敗と有害物質

健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、腸内フローラが一定のバランスが維持されています。

逆に、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んでアンモニア、など人の健康に有害な物質が増えます。

これらの有害物質が腸管から吸収されてしまい、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとするさまざまな生活習慣病の原因になることもあります。

pexels-photo-24350

 

便秘になる原因は

腹筋の低下や腸の蠕動運動の低下

食欲不振、頭痛、倦怠感も併発することが多いです。

便を押し出す力が弱まっています。

ストレスなどによる自律神経の乱れ

便が出ても残便感が強く、コロコロ固い便であることが特徴です。

便意の我慢

便意があるときには排便できるのがベストですが、便意を我慢するのを繰り返していると便意が脳に伝わりにくくなっていきます。

水分が腸の中でどんどん吸収され固い便になってしまいます。

 

下痢になる原因は

食べたものを上手く消化できない為に起こってしまいます。

腸の機能が弱っているため、水分を上手く吸収できず、下痢になってしまいます。

 

理想の便とは

黄色から黄褐色でバナナ1本ほどが適量です。水に浮くのも重要なポイントです。

水分量75~80%(60%以下だと固い便、85%以上だと緩い便です)

色が黒や黒褐色だと健康状態悪い証拠です。

 

毒素からの腸内環境の悪化

日々の食事から入ってくる残留農薬や食品添加物、重金属、薬剤などの毒素が腸内環境を汚してしまいます。

そして、便が腸内にあるうちは栄養として吸収され続けます。

便秘の人は腸内で腐敗が進行した汚れたものを毎日吸収していることになります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する