自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

リンパ液とは

リンパ液というのはリンパ管に流れ込んだ組織液のことです。

リンパ液は血液のようにポンプで体内を流れるわけではなく、大体骨格筋の収縮によって流れます。

感染や他の疾患と闘う手助けをする細胞を運んでいます。

 

リンパの働き

リンパには、老廃物を回収する働きがあります。

老廃物は毛細血管を通じて静脈に取り込まれますが、老廃物が静脈では回収しきれないときにはリンパ管に流れ込みます。

また、リンパ管は組織液に混ざっている傷ついた細胞、がん細胞、細菌やウイルスなどの異物も集めて運搬します。

 

リンパ節腫脹とは

リンパ節は全身いたるところにあり、細菌感染などに対する身体の防衛をなすものです。

リンパ節は細菌やウイルスなどを退治し、健康な身体を維持するために老廃物や細菌などをこして、全身に回らないようにするフィルターのような機能があります。

生体内に侵入した細菌や有害物質を血液循環中に入れないための関所の役目をしているのです。
リンパ球には細菌やウイルスの性質を記憶する働きがあるので、同じ病原菌が再び侵入しようとすると、生体防御のための抗体を産出する能力があります。

リンパ球には寿命があるのですが、この記憶の働きは、新しくつくられるリンパ球に引き継がれます。

カゼをひいたときに、リンパ節が腫れるのは、免疫機能が、ウイルスなどと闘っているからです。
また、アトピー症状のある方がリンパが腫れやすいのは、身体の中に入ってきたウイルスや細菌を戦っている証拠です。

それぞれのリンパ節はリンパ管という管でつながっています。

頸にも多くのリンパ節があり、口や咽喉からの細菌などの侵入に備えています。

このリンパ節が、炎症やがんの転移などによりはれた場合を、頸部リンパ節腫脹といいます。

 

その症状は

首には多くのリンパ節が存在します。健康な成人の場合リンパ節の大きさは1cm以下で、表面からは触れることができないか、触れても小さく柔らかいものです。

頸部リンパ節腫脹が起こると、リンパ節は腫れて1cm以上になります。

触って確認できる大きさになり、触った時に痛みを伴います。多くの場合は、腫れているリンパ節周辺の痛みの他、喉の痛みや炎症、発熱などを伴います。

原因となる病巣に近い部位のリンパ節が最もはれやすいので、口や咽喉からのものでは、あごの角に近い部位にはれが生じるのが普通です。

 

その原因とは

頸部リンパ節腫脹が起こる原因の中で最も多いケースは、ウイルスや細菌による感染です。

リンパ節は、体内を巡っているリンパ液にとって濾過装置のような役割を果たしており、リンパ液の中にある異物や細菌を処理している免疫器官の1つです。

口や喉から入った細菌やウイルスが首のリンパ節の免疫機能によって処理された結果、リンパ節の腫れが起こります。

 

リンパ液と血液との違い

リンパ液は、血液とは異なり、心臓のようなポンプの力を持たないため、とてもゆっくりと流れ、時として流れなくなることもあります。

その流れをつくるのは、動脈管の血圧や周辺の筋肉収縮運動・呼吸運動などの要因です。

そのため、リンパ液の循環は疲労やストレス、気候や体調などに大きく影響を受けてしまい、さらにゆっくりと流れるようになり様々なトラブルを引き起こします。

リンパ管には、ところどころに弁が備わっていて、リンパ液の逆流を防いでいます。そして呼吸運動や筋肉活動、さらに動脈の拍動などのわずかの力によって、リンパ液はゆっくりと中枢にに移動していきます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する