自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

アレルギー反応

私たちの身体には、細菌、ウイルス、食物、ダニ、花粉などが身体の中に入ってくるとこれを異物として認識して攻撃し排除する仕組みがあります。これを免疫と呼んでいます。

アレルギー反応も免疫反応の一部ですが、異物に対して反応する際に自分の身体を傷つけてしまう場合をアレルギー反応と呼んでいます。

 

IgE 抗体

IgEは、タンパク質の1種です。 IgEは、アレルギー反応において重要な役割を果たしています。

アレルギーを持つ場合、免疫系は花粉など通常は無害な物質を身体に有害なものと認識します。

こうした特定物質に触れると、免疫系は身体を守ろうと、IgEの産生を開始します。

IgE抗体は体内にとどまり、次に同じアレルゲン性物質に接すると、アレルギー反応を起こすことがあります。

結果として、アレルギーを持つ人では血中IgE濃度が増加しているのです。

IgE は、各アレルゲンに特異的です。

 

IgEレベルを測定

血液検査は体内のIgE量を特定するのに役立ちます。

様々な物質に対するIgE値を知ることは、個人の症状の原因となりうる具体的なアレルギーの原因を特定するのに役立ちます。

一般的には、IgE抗体価が高いほど、症状が現れる可能性も高まると言われています。

現時点では発症に至らないまでも、低レベルのアレルゲンが認められれば、将来の症状の発現を予測するのに役立ちます。

アトピー素因のある人は血中では高値を示すことが多いです。

 

特異的IgE抗体とアレルギー反応

なぜ、ある特定の人にだけアレルギー反応が起きるのでしょうか。

これは、その人が反応する物質に対して、特異的IgE抗体を持っているからです。

人は外部から侵入してくる異物(細菌やウイルス)に対して免疫(抗体)を作り、異物を排除する働きを持っています。

これが正常な免疫反応で、身体にとってとても有益な働きをしてくれます。

しかし、時として身体にとって不都合な免疫反応を起こすことがあります。

これがアレルギー反応です。

 

非特異的IgEと特異的IgE

血液検査で出たIgE値は、血液中のIgE抗体の総量です。

通常、アレルギー検査では、非特異的IgEと特異的IgEで項目が分かれています。

ダニ、カビ、花粉など、それぞれ個別のアレルギーのおこりやすさをあらわしているのが、特異的IgEです。

それに対して、個別ではなく、全体的なアレルギーのおこりやすさをあらわしているのが、非特異的IgEです。

 

個人差が大きい

IgE値の基準値は、170(IU/mL)以下とされています。

しかし、実際には個人差がとても大きく影響します。

約80%のアトピー患者で高い数値が出るものの、反対に約20%の人では高い数値が出ないことが知られています。

IgE値が低くても重症の人もいますし、反対にIgE値が高くても何も症状がない人もいます。

生まれたばかりの赤ちゃんには、IgE抗体がほとんど存在しません。

IgE値は、生後6か月ぐらいから増え始めて、小学校に入ったぐらいで成人と同じぐらいになります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する