自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

免疫グロブリン

免疫の中で大きな役割を担っているのが免疫グロブリン(略称Ig)で、血液中や組織液中に存在しています。

免疫グロブリンには、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類があり、それぞれの分子量、その働く場所・時期にも違いがあります。

IgG

血液中に最も多く含まれています。

種々の抗原(細菌、ウイルスなど)に対する抗体を含んでいます。

毒物、微生物に結合し無毒化してしまう。

IgA

人の腸管、気道などの粘膜や初乳に多くあって、局所で細菌やウイルス感染の予防に役立っています。

分泌液に多く含まれています。

消化管、気道の局所免疫としての働きがあります。

IgM

私たちが細菌やウイルスに感染したとき、最初に作られる抗体です。

そしてIgMが作られた後に、本格的にIgGが作られます。

このため、血中のIgMを調べる事で今どんな感染症にかかっているかがわかります。

細菌を結び付けて凝集させます。

IgD

量的にも少なく、その役割はよくわかっていません。

IgE

免疫グロブリンとしては最も量が少なく、喘息や花粉症などのアレルギーを起こす抗体です。

ヒスタミンを遊離します。

 
RESERVA予約システムから予約する