自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

アトピーは感染するのか

感染しません。

アレルギー性皮膚炎は個人の免疫に免疫異常が現れることにより発症します。

アトピー性皮膚炎はアレルギー性の疾患ですから、細菌やウイルスが原因の病気のように他の人に感染することはありません。

ただし、肌が傷ついてしまっていることが多いので、伝染する皮膚感染症になりやすくなります。

 

アトピー肌は外部刺激に敏感

健康な皮膚は正常なバリア機能が働き、病原体の侵入を防いでいます。

たとえ侵入しても、それを撃退する免疫のしくみがあります。

しかしアトピー肌の方は、皮膚に炎症や傷、乾燥などがあり、皮膚のバリア機能が弱く、外部から細菌やウイルスが体内に侵入しやすい状態です。

喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など他のアレルギー疾患が同時に見られることが多く、伝染性膿痂疹(とびひ)などの感染症、白内障、網膜剥離などもみられます。

とびひや結膜炎などは人にうつるので注意が必要です。

 

ステロイドによる免疫低下

ストロイドは皮膚免疫を低下させてしまい、それにより感染症が引き起こされやすくなります。

ステロイドには免疫を抑える作用があるため、細菌や真菌の感染に弱くなります。

アトピーは、痒みを伴うので、どうしても掻いてしまいます。

すると、肌の一番表面にある角層のバリア機能が正常に働きません。

通常、角層は、ほこりや紫外線、花粉などの外部からの刺激をシャットアウトし、内側から水分が蒸散してしまうのを阻止する役目を果たしています。

しかし、アトピーの角層は隙間だらけで、外部からの刺激は入りやすく、お肌の水分は蒸散しやすい状態になってしまっています。

つまり、肌の病気の元となるものも入り込みやすくなってしまっており、しかも、それに対抗するだけの力もないので、皮膚の病気にかかりやすいのです。

pexels-photo-286951

 
RESERVA予約システムから予約する