自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

とびひと黄色ブドウ球菌

とびひは、夏の季節に赤い斑点や水泡などが全身に発生する皮膚病です。

黄色ブドウ球菌あるいは溶血性連鎖球菌による皮膚の感染症です。

普通、黄色ブドウ球菌はどこにでも存在しますし、皮膚などにも存在しています。

通常ならばブドウ球菌が皮膚内に入ることはありませんが、すり傷や虫刺されなどにより、皮膚が傷つけられている状態の時に、そこからブドウ球菌が入り込んで化膿を引き起こしてしまうと、とびひになってしまいます。

 

とびひの伝染力

体幹・四肢に水泡、膿疱を伴うかさぶたができ、伝染性が強いです。

この水泡は破れやすく、水泡の中で大量に繁殖している菌が汁となって出て、ジクジクただれた状態になります。

この水泡の汁が、体の他の皮膚につくことで次々に広がります。

 

アトピーととびひの違い

アトピーととびひは肌の症状は似ているものがありますが、違います。

とびひは、アトピー体質でなくても発症します。

一番の違いはとびひは感染しますが、アトピーは感染しません。

また、とびひは痒みのほかに痛みも伴います。

とびひは水泡になるのがアトピーと見分けるポイントになります。

 

アトピーからとびひへ

感染することがないアトピーが、掻くことでアトピーからとびひを併発し、そこからとびひのみが他の皮膚の部分や他の人へ感染することになります。

とびひは汁がついた手で、別の皮膚や他の人の体を触ると、その部分もとびひに感染します。

ガーゼなどで患部を覆ったり、肌や指先を清潔にして感染を防ぎましょう。

 
 

RESERVA予約システムから予約する