自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

アトピー肌の状態

・水分保持力が低く、乾燥しやすい

・外部からの異物や刺激の侵入を防ぐバリア機能が低下し、炎症を起こしやすい

 

アトピー性皮膚炎の方の角質層は、セラミドという、角質層の細胞間脂質の主成分が健全な皮膚よりも少なくなっています。

肌の水分保持力やバリア機能は、セラミドを主成分とする細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%を担っており、皮脂はたった2%です。

そのため、セラミドが不足すると、乾燥しやすく、外部からの刺激や異物に弱い肌となります。

低下しているバリア機能を通過し、肌の内部へ侵入した異物は、外敵として体内の免疫細胞から攻撃を受けます。

この体内からの攻撃により、皮膚炎となったり、赤みやかゆみなどが発生します。

異物が侵入し炎症やかゆみが発生すると、つい掻いてしまいがちです。

角質層に物理的なダメージを与えると、バリア機能が余計に低下し、より乾燥しやすく、炎症を起こしやすい状態となります。

 

なぜ保湿が必要なのか

なぜアトピー肌に保湿が必要なのか?そもそもなぜ皮膚が乾燥しているのでしょうか?

熱がこもった皮膚は乾燥します。乾燥した肌は痒みを起こします。

痒みを感じると掻きたくなります。

掻くことで皮膚にこもった熱を緩和させています。

乾燥は痒みを起こしますからスキンケアで保湿をする必要があります。

入浴の後に痒くなるのは皮膚から水分が蒸発するから痒くなるのです。

ですからお風呂上りも保湿が大事です。

black-and-white-waves-close-up-view-circle

 

健康な肌は弱酸性

健康なお肌の皮脂膜は、pH4.5~6.0の弱酸性です。

酸に弱いことが多い細菌やカビなどが肌の上で増えないようガードしています。

弱酸性が保てるのは皮脂に含まれる脂肪酸と、汗の中の乳酸やアミノ酸のおかげです。

アルカリ性の石鹸で洗っても、肌が健康ならこれらの酸性物質がすぐにアルカリ分の中和を始めるので、洗顔後15分~2時間位でお肌のpHは弱酸性に戻ります。

 

皮脂が少なすぎると…

皮脂が少なすぎると、肌がアルカリ性になって細菌やカビに弱くなり、オデキや吹き出もの、とびひなどの原因になります。

逆に多すぎてもpHが酸性に傾きすぎたり、肌がベタついてホコリや雑菌がくっつきやすくなったりし、それらの刺激が吹き出ものやニキビなどをできやすくします。

 

皮脂膜が失われる原因

皮脂膜が失われる要因として、多いのが洗い過ぎです。

清潔を保つために皮膚を適度に洗うことはもちろん大切です。

皮脂膜は異物の侵入を防いでいるので、そこに異物、汚れがついているからです。

異物や汚れがついたまま、放置しておくと、それはそれでニキビや肌荒れなどの肌トラブルになりますが、ゴシゴシとこすったり、強い洗浄料で顔や体を洗ってしまうと、皮脂膜を落としすぎてしまい、皮膚のバリア機能が弱くなってしまいます。

 
RESERVA予約システムから予約する