自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

カフェインの女性ホルモンへの影響

カフェインは女性ホルモンのバランスにも影響があることがわかっています。

カフェインの過剰摂取(1日300mg以上)でホルモンのバランスを崩すと言われています。

医療分野において薬事法では1回(1錠・1包等)あたりに500mg以上のカフェインを含むものを劇薬に指定しています。

 

カフェインの恐ろしい作用

・長期的には胃腸や内臓を弱らせてしまう

・自律神経を狂わせ、それにより肩こり・腰痛・頭痛などの症状を悪化させる

・不眠症や睡眠障害になりやすくなる

・血液の洗浄が遅れ代謝を落とし筋肉を固まらせる作用がある

・体力・免疫力・疲労回復を低下させる

・感覚遮断効果があり神経を鈍感にし、疲れを感じにくくする(疲れているのに気がつかない)

 

ビタミン・ミネラル不足になる

市販のコーヒーには食品添加物がたくさん含まれていて、身体に不必要な食品添加物は解毒するのに大量のミネラルやビタミンを使ってしまい、ビタミン・ミネラルが不足してしまうことになります。

woman-coffee-cup-mug

 
 
RESERVA予約システムから予約する