自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

発酵と腐敗

腸管内では、発酵(善玉菌による分解活動)と腐敗(悪玉菌による分解活動)が行われています。

善玉菌の占有率が高い場合は、腸の蠕動運動が活発になる為に腸粘膜からは腸粘液が十分に分泌されるようになりますので、食物は腸粘液が十分に分泌された腸管内をスムーズに移動し、腸粘液に包まれた状態で排泄されて便器や紙が汚れません。

また、食物は発酵しますので、悪臭はありません。

便器や紙が汚れないという事は、腸管内も汚れていないという事です。

 

悪臭の発生は血液が汚れているサイン

悪臭(腐敗臭)の発生は体内汚血の警告であり、血液が汚れているという事を教えているのです。

悪玉菌の占有率が高い為に、腸管内で食物が腐敗(悪玉菌による分解活動)して、悪臭が発生しているのです。

便器や紙の汚れは、腸管免疫バリアの異常であり、腸管免疫力が低下しているという事を教えているのです。

アトピーなどの皮膚炎も宿便が関連していると言われています。

直接的なものではなく、宿便が溜まる体調はアトピーができる体調と同じということです。

 

宿便とは

宿便とは、便秘により腸内に長く滞留している糞便のことです。

老廃物が体内に長時間滞留して悪いのは、老廃物が腐敗し、毒物と悪臭を産生し、毒物は腸管壁から吸収されて血流に入り、身体の隅々まで送られることになります。

 

便秘と有害物質

人間の身体は有害物質が入っても、ある程度なら自分の力で排出することができますが、便秘がちな人の場合は、また体に再吸収されてしまいます。

これらの有害物質は、活性酸素を発生しやすくしたり、腸内の善玉細菌にダメージを起こしてしまうと、腸の免疫力が低下するということが起きてしまいます。

便秘で悩む人は、食欲不振になったり、疲れやすくなったり、肩こりや腹痛、肌荒れ、吹き出物、動脈硬化や糖尿病などになる可能性が高いです。

そうなると、交感神経優位の状態が続いて、自律神経失調症の症状が出やすくなります。

腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、日和見菌で構成されています。

便が長期間に渡って腸内に滞ると、悪玉菌の力が強くなって、腸内環境を乱してしまいます。

その悪玉菌が、更に身体に悪影響を与える物質を作り、免疫力を低下させたり、腸の壁を傷つけてしまい、結果的には発癌物質や、老化物質も作ります。

 

便秘の原因

便秘でおなかが張るのは、便が長い間腸にとどまると腸内の悪玉菌が増殖してガスが発生するからです。

食事量や食物繊維の摂取不足、運動不足、加齢に良く見られる腹筋力の低下などが原因となります。

これらにより、腸管への刺激が不足し、腸のぜん動運動の低下をきたします。

その結果、腸の内容物が大腸に貯留し必要以上に水分が吸収され、少量の固い便が形成されます。

また、精神的ストレスや自律神経失調によって、大腸が過度に痙攣性の収縮を起こすことにより、腸管内膜が挟まり大腸内容物の輸送に時間がかかり、便が固くなります。

多忙、不規則な生活などにより便意が繰り返し抑制されたり、下剤の乱用をしたりすることによっても便秘が起こります。

これは直腸内圧に対する感受性が低下し、直腸内圧を介し起こる直腸反射が減弱し、直腸内に便がたまっても便意を生じなくなるためです。

排便反射

胃に食べ物が入ると、その刺激で大腸のぜん動運動が起こり(胃・結腸反射)、便が直腸にやってきます。

すると、その情報が仙髄の排便中枢という神経に伝わって、直腸で便を送り出す働きが強くなります(排便反射)。

それと同時に脳から便を出すように指令が出ます。

便秘の人は、直腸のセンサーが鈍くなってしまい、こうした反応がうまく起こらなくなってしまいます。

belly-body-clothes-diet-53528

 

便秘の定義

週に3回以上、すっきり排便できて、便が軟らかいバナナ状なら、大腸が健康な証拠です。

逆に、毎日排便があっても量が少なかったり、便が硬かったり、残便感があってすっきりしないといった場合は、便秘といえます。

食事から摂った栄養素のほとんどを消化・吸収しているのが小腸です。

食べたものは食道と胃を経て3~4時間ほどで小腸を通過し、大腸に送り込まれます。

大腸は消化の最終の働きを担当しています。

食物の残りかすは、はじめはどろどろの状態ですが、大腸を通り抜けるうちに水分が吸収されて固まり、便として排泄されます。健康な大腸は、腸内のぜん動運動で、便をスムーズに送り出していきます。

 

便秘の分類

便秘は弛緩性便秘と痙攣性便秘に分類されます。 弛緩性便秘は腸の緊張が緩んでいて、蠕動運動が弱く、腸の中で便がなかなか送られないことが原因です。

高齢者、体力が低下した方、内臓下垂の方に多く見られます。

痙攣性便秘は逆に腸の緊張が強すぎておこります。

ストレスにより自律神経が乱れ、腸の機能が落ち、便が通過できないということから便秘が起こります。

お腹が痛くなったり、ウサギのようなころころした便がでたり、便秘と下痢を繰り返したりするのが特徴です。

 

機能性便秘

消化管自体には問題がないが、機能低下が原因となって起こる便秘で、最も一般的な便秘です。

器質性便秘

大腸の疾患によって腸の機能が低下したり、腸管の通りが悪くなったりするために起こります。

習慣性便秘

機能性便秘の一つで一般的に週2日以上排便がない状態が少なくとも1カ月以上続く状態です。

弛緩性便秘

大腸の蠕動運動が弱くなったり、筋力が低下した結果、便を押し出す力が不十分になったり、便が硬くなったりするために排便が困難になる便秘です。

痙攣性便秘

ストレス等によって自律神経が乱れ、腸の蠕動運動が強くなりすぎた結果、腸での痙攣が起こり、便が硬く細く分かれてしまうことで起こります。

この便秘は腹痛を伴うことや下痢や便秘を交互に繰り返す場合があります。

直腸性便秘

直腸の神経が鈍くなっているため、便が直腸に到達しても便意を感じにくくなる状態です。

便意があってもトイレを我慢し続けていたりすると起きやすくなります。

一過性便秘

機能性便秘の一つで、何らかの理由によって腸の蠕動運動が鈍ったため一時的に起こる便秘のことです。

生活習慣の変化などによるストレスや外食などによる偏食、運動、ダイエットによることが多いです。

医原性便秘

薬の副作用などによって起こる便秘です。

がん患者などの便秘はほとんどがこれにあたります。

 

宿便と上行結腸

腸はいつもさざなみのようにざわざわ動いています。

ですから同じところがずっと谷ということはなく、谷になったり山になったりします。

しかも、腸の壁の細胞は数日で生まれ変わって、古いものははがれて便として排出されます。

断食をすると、食べていないのに便が出て来て、宿便と呼ばれます。

これは、上行結腸で逆蠕動が起こり、古い食物残渣が溜まっていて、断食中に宿便として排泄されると考えられます。

上行結腸では、逆蠕動により、肛門側と反対の盲腸側に向かって蠕動が起こり腸内細菌叢が繁殖し易くなります。

ちなみに日本人の便は7~8割が水分、残りの1~2割くらいが腸内細菌の死骸、1割強が食べ物の残りかすという構成です。

 

便秘は女性に多い

女性が便秘になりやすい原因の1つは、女性ホルモンの影響で、女性ホルモンの中の黄体ホルモンが分泌されると、腸の蠕動運動が抑制されて、便秘になりやすくなります。

その関係で、生理前になると便秘傾向になります。

また、女性は男性に比べて、筋力が弱いということがあります。

腹筋が弱いと、排便がスムーズに行かなくなり便秘になりやすくなります。

女性に多いダイエットも大きく原因している。食べないことによって腸の蠕動運動がおろそかになります。

 

便秘を改善する為に

一日一回、決まった時間にトイレに行く習慣をつけましょう。

便意がなくても、朝に一度はトイレに必ず行き、排便をしようと努力しましょう。

規則正しい運動は消化器を活発にします。運動は軽いものでも十分で、毎日20~30分の歩行でも構いません。手を使って腹をさすり、腸の蠕動運動を促すだけでも効果があります。

朝、水を飲むのも良いです。水分は大便を柔らかく保ち、通りを良くするため、水分を取っただけでも症状が改善される場合も多いようです。

また、食物繊維を積極的にとりましょう。食物繊維は、善玉菌のエサになりますし、水分を吸収して柔らかい便を作ってくれます。

脂質は腸管を滑らかにする働きがあるので、摂取することで便の通りがよくなります。

ストレスがたまると、交感神経、副交感神経のバランスが崩れて、腸の活動が低下します。

日ごろからストレスをため過ぎないように解消方法などを見つけておきましょう。

 

 
RESERVA予約システムから予約する