自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる2つの種類があります。

それぞれの女性ホルモンの役割を一言で簡単に説明すると、エストロゲンはいわゆる女性らしさをつかさどるホルモンで、プロゲステロンは妊娠のために必要なホルモンと言えます。

この2つの女性ホルモンはいつも同じように分泌されているわけではありません。

生理の周期によってその分泌量は変動しています。

 

プロゲステロンの役割

妊娠したときに流産や早産を予防するのがプロゲステロンの目的なので排卵しない限りは分泌されないのです。

排卵後に徐々に増えてきますが、ここで妊娠が成立しなければプロゲステロンは必要なくなりますから分泌が極端に減少し、排卵前のレベルになります。

プロゲステロンは、エストロゲンとは違って女性の悩みのタネになることが多いホルモンです。

プロゲステロンは、肌荒れ(にきびや吹き出物)、腰痛、便秘、胸の張りなどの不快な症状も引き起こし、さらには精神的なイライラややる気のなさなどにも影響するからです。

しかしプロゲステロンは妊娠するためには、非常に重要な役割を持ったホルモンです。

プロゲステロンは排卵後の卵胞が、黄体化されることによって分泌されるようになります。

プロゲステロンは高温期を維持させて、さらに子宮内膜を受精卵がもぐり込みやすいように肥大させます。

そして着床した後は、赤ちゃんが成長しやすいように整えてくれるのです。

受精が成立しなければ、肥厚した子宮内膜は剥がれ落ちて生理となって出血します。

もし妊娠していればプロゲステロンは出産まで分泌され続け、妊娠中に必要なさまざまな働きをしてくれるようになります。

 

エストロゲンの役割

エストロゲンは生理中には分泌量が最も少なく、排卵の直前に分泌がピークに達します。

そして、排卵期には少し減少して、排卵後二つ目のピークを迎え、妊娠が成立しなければ分泌は極端に減少します 。

このように生理の周期で女性ホルモンは大きく変動しています。

女性が、最も女性らしくあるためのホルモンがエストロゲン(卵胞ホルモン)です。

エストロゲンは美人ホルモンと言われ、肌をすべすべにして髪に張りを与え、気力を充実させてくれる女性の味方のホルモンなのです。

エストロゲンの最大の役割は妊娠しやすい状態に身体を整えることです。

卵巣内で大きくなった卵の排卵を促して、子宮内膜をフカフカにして受精卵が着床するのを待ちます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

 

女性ホルモンとアトピー

PMSの原因は、排卵後に分泌されるプロゲステロン、あるいはプロゲステロンとエストロゲンのバランスの悪さが原因だと言われています。

アトピー性皮膚炎や気管支喘息をはじめとするアレルギー性疾患が月経前に悪化することも女性ホルモンに関係していると思われます。

エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸を増やし肌にうるおいを与える働きがあります。

そのため肌のキメが整い皮脂量も抑えられるため、美肌ホルモンと言われるほど美肌にかかせないホルモンです。

プロゲステロンが活躍する黄体期は肌の水分量が減って乾燥が進むのも特徴です。

さらに皮脂量が増え毛穴に詰まりやすく炎症をおこしやすいのでニキビが発生しやすくなります。

生理前の2週間 プロゲステロンが活躍する時期は高温期といわれ体内の温度が上がります。

そのためなかなか寝付けなかったり、疲れてるのに睡眠不足になりがちです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する