自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

金属アレルギーの起こる原因

金属アレルギーは、身体のアレルギー反応です。

最初は金属アレルギーを持ってなくても、アレルギーを引き起こしやすい金属を身につけていると発症するので注意が必要です。

人間の体には一定の許容範囲があり、体内にアレルギー物質を取り込み続け、その許容範囲のラインを超えてしまった時に症状を発症します。

金属アレルギーも同様に、一定のアレルゲン物質が体内に蓄積されると発症します。

原因としては、金属が夏場の汗や人の体から出る分泌物で溶解された時に、金属から溶け出た金属イオンが人の本来持っているタンパク質と結合し、アレルゲンに変化したものにより引き起こされることが原因です。

pexels-photo25

 

金属アレルギーの起こる過程

・金属製の物を身に付ける

・汗で金属が少しづつ溶け出す

・溶けた金属がイオン化して体内へ入り込む

・体内のタンパク質と結合し、アレルゲンになる。

・体内でアレルゲンに対する抗体が作られる

・再度、アレルゲンが体内に入って来た時に抗体が過剰に反応してアレルギー症状を引き起こす

 

多くの方が金属アレルギーの原因は金属自体ではなく、金属と体内のタンパク質が結合した物質(アレルゲン)が原因です。

 

 
RESERVA予約システムから予約する