自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

電子レンジの仕組み

電子レンジは、電波と同じように特定の周波数に設定された電磁エネルギーを利用し、水の分子をかき回して食品を温めます。

水の分子がどんどんかき回されると反射的に振動し熱を発します。

マイクロ波は水の分子をかき混ぜながら食品を内部から急激に温めます。

このように分子に摩擦を起こして食品を温めますが、同時に周辺の分子を裂いたり変形させたりして大量に破壊することになります。

残念なことに、電子レンジで温めた食品を食べ続けた人は身体に深刻な影響を受けることになります。

 

栄養素の破壊と変性

超高速振動による摩擦熱での加熱調理では、食品の分子・原子レベルで深刻な破壊活動がおき、栄養素が壊されるばかりでなく、私たちの体内では代謝できない構造に変性するといわれます。

栄養素は、電子レンジによって簡単に破壊されてしまうのです。

また、電子レンジで調理すると、素材の持つ自然の力が60 ~ 90%も失われてしまうと言われています。

 

変性した結果・・・

・代謝できない構造になってしまい、消化器の病気を引き起こします。

・食品の性質を化学的に変えてしまうので、リンパ系や体の抵抗力を衰えさせ、それらが十分に機能しなくなる可能性があります。

・容器から有害物質が食品に移行する可能性があります。

・マイクロ波が漏れるので、電子レンジを使用している時は近づかないほうがよいです。

pexels-photo-239324

 

 
RESERVA予約システムから予約する