自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

肥満細胞とは

肥満細胞と言っても肥満とは関係ありません。その姿が肥満を連想させることからついた名前です。

肥満細胞は身体の防御に大切な役割を担っていますが、アレルギー発症のメカニズムにも関わっていて、アレルゲンが体内に侵入することで肥満細胞が化学物質を分泌し、ヒスタミンを放出し、アレルギー反応を発生させます。

血管の周りに多く存在しますが、鼻粘膜や気管支など、他のさまざまな組織にも存在しています。

肥満細胞は、花粉症のくしゃみや喘息の呼吸困難など、アレルギー症状の原因物質を放出する顆粒をたくさん内包しているので、悪者のイメージがありますが、炎症など免疫反応を起こすことで、病原菌などから体を守る重要な役割も果たしています。

 

アレルギーにおけるヒスタミンの役割

アレルギー反応は、ヒスタミンが身体を守るために炎症反応を刺激することにより引き起こされます。

ヒスタミンは、粘膜が膨らむよう、血管を拡張させます。ヒスタミンは肥満細胞から放出されます。

 

IgE抗体

アレルギー反応は、アレルゲンによって引き起こされます。こうしたアレルゲンに触れると、身体は外界からの侵入者を察知します。

アレルゲンは血液中のIgE抗体と結合します。

すると、肥満細胞はヒスタミンなど炎症性物質を放出し、こうした物質は身体が有害だと察知し外敵を撃退するため、全身に瞬時に運ばれていきます。ヒスタミンは、体の局所で炎症を引き起こします。

発現する症状は、ヒスタミンが放出される部位によって異なります。鼻水、眼の痒み、息切れ、肌の乾燥などは肥満細胞が局所で反応している徴候です。

多くの場合、症状が出始めるまでには数年を要することがほとんどですが、より深刻なアレルギー反応を起こす場合もあります。

また中には、食物、薬剤または虫刺されが突如、生死に関わるアナフィラキシー・ショックを引き起こす場合もあります。

 

ヒスタミンの作用

ヒスタミンは普通は肥満細胞などに不活性状態で存在しています。外傷や毒素などで活性化され、発赤・かゆみ・むくみ・痛みや気管支収縮などのアレルギー症状を起こす原因となります。

普段ヒスタミンは細胞内にきちんと 収まっているので、体の内にヒスタミンがあること自体は、これといって問題はないです。

しかし、ストレスや、周囲の環境で起きる温度差や、光・音に対して刺激を受けることで、 細胞の外に放出されてしまい、あるレベルを超え過剰に放出されると、いろいろと症状が出てきます。

 

ヒスタミンを増やしてしまう食べ物

チョコレートには注意が必要です。チョコレートの原料のカカオはマメ科の植物です。

マメ科の植物にはヒスタミンが多く含まれています。

さらに、チョコレートはと糖分を多く含んでいるのでアレルギーを悪化させる要因になってしまいます。

ココアやコーヒーも原料がマメ科の植物なので、アレルギーのある方は摂らないほうが良いでしょう。

また、もち米もヒスタミンを多く含んでいる食べ物です。

和菓子でも、もち米が使用されているものは注意する必要があります。

pexels-photo-94439

 

 
RESERVA予約システムから予約する