自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

人間が必要をする栄養素を全て含む

人参は人間が必要とする栄養素をほとんど含んでいます。

ビタミン類が約30種、ミネラル類が約100種のほか、多数のファイトケミカルが含まれています。

βカロテン豊富

βカロテンの最大の効能は抗酸化作用に優れていることです。

βカロテンは体内でビタミンAに変わることで皮膚の細胞の成長を助けて肌の修復が早くなります。

体内で変換したビタミンAは皮膚の免疫力をアップしたり皮脂の分泌が正常になったり肌に保湿成分や水分を蓄積できるので肌に潤いと柔らかさを出しやすいです。

体内の毒素を排泄

βカロテン以外にも人参内に含まれている多数のファイトケミカルのおかげで、解毒・排泄作用に効果があり、体内の老廃物を外に出しデトックス効果があります。

有用な腸内細菌を育てる

善玉菌を増殖させるためには食物繊維と乳酸菌発育因子の摂取が必要ですが、この乳酸菌発育因子は人参ジュースの中に多く含まれています。

体を温める

体温が1度でも低下すると免疫力が30%低下すると言われています。人参は身体を温める作用があります。

 

人参ジュースの栄養素

βカロチン

人参はβカロチンが豊富に含まれています。βカロチンは、体内の酸性化を防ぐ抗酸化作用を持っています。

臓器や肌の老化を防いでくれます。

ビタミンA

皮膚のうるおいをサポートしてくれる栄養素がビタミンAです。

そのため、人参をたくさん食べると肌の乾燥を防ぐことが出来ます。粘膜の潤いを保つ働きもあるので、ドライアイにも効果的です。

食物繊維

人参は食物繊維がとても豊富です。そのため、人参ジュースとして飲めば便秘を解消してくれることでしょう。

腸内環境の改善に役立ってくれます。

carrot-juice-juice-carrots-vegetable-juice-162670

 

人参ジュースの作り方

材料

人参    3本
レモン   半分

作り方

人参とレモンを低速回転ジューサーに入る大きさに切ります。 後はジューサーにかけて完成です。

作る際のポイント

・人参とりんごは皮を剥かないで使いましょう。皮に含まれている栄養素もしっかりと頂きましょう。

・出来るだけ新鮮な果物や野菜を使うこと。出来ればオーガニックのものが好ましい。

・すぐに飲む分量だけを作る。(作ってから時間がたってから飲むと、その間にせっかくの酵素が破壊されてしまい、効果が半減します。)

・レモンを入れましょう。人参にはビタミンCを破壊する酵素が含まれていますが 、その酵素は、クエン酸を加えると働きがストップします。

このためレモンを入れることでビタミンCが壊れてしまうのを防ぐ効果があります。

 

おススメの飲み方

人参ジュースは一日のうちいつ飲んでも良いのですが、朝、夜に飲むと良いでしょう。

ミキサーで作ったジュースは、腹持ちもするので朝食代わりにピッタリです。

 
RESERVA予約システムから予約する