自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

栄養素の減少

野菜の栄養価が昔に比べて大幅に減少しています。

栄養豊富な野菜を摂るには地産地消を心掛けると良いでしょう。

現代では、化学肥料や農薬などのせいで微生物や昆虫が激減し、土地の活力が損なわれています。

そのため、農作物も昔に比べて栄養価が少なくなってきていると言われています。

鮮度が落ちれば落ちるほど、農作物の栄養価はますます下がっていきます。

しかし、地産地消であれば、朝採れたばかり野菜など新鮮な栄養価の高い農作物を食べることができます。

pexels-photo-109277

 

土地によって栄養素が違う

土地によって土の質や微生物・昆虫などから受ける影響が違うので、その土地によっては作物が育たなかったり、栄養素の含有量が違ったりします。

四季のある日本では、折々に旬の食べ物があり、私たちの身体の健康を手助けをしてくれています。

その土地で暮らす人に必要な食べ物が、その土地に恵みとして与えられています。

自分が住んでいる土地の気候にあった食べ物を食することが身体には一番良いです。

 

旬の食べ物は健康に良い

旬の食べ物は味が濃く、深く、栄養もたっぷり含まれているので、身体の健康のために非常に良いです。

また、せっかく旬のものをいただく場合は出来るだけ丸ごといただく、ということも健康によいことの1つです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する