自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

ネイルに使用されてる有害物質

アセトン

マニキュアの除光液によく含まれているアセトンは、発がん性があることが明らかになっています。

揮発性が大変高く、肺から吸い込み、また皮膚から体内に吸収されます。

排出されにくいため、少しづつ蓄積し、徐々に健康を害す恐れがあります。

酢酸エチル

香料溶媒として、マニキュアや除光液に使用されている物質です。

皮脂や爪を傷つけ、皮膚炎を起こすことがあります。

また、腎臓、心臓、肺、肝臓のダメージにも関与が指摘されています。

酢酸ブチル

香料溶媒として使用されています。

吐き気、頭痛、悪寒、皮膚炎の原因となるだけでなく、出生異常や神経系へのダメージも引き起こす可能性があります。

トルエン

マニキュアの溶媒としてよく利用されており、中枢神経系への毒性が広く指摘されています。

ホルムアルデヒド

日用品に使われる化学物質の中でも、特に毒性が強いです。

日本では化粧品への使用は禁止されています。

painting-fingernails-nail-polish-hearts-valentine-37553

ネイルが原因で様々な病気を引き起こしたとしても、すぐに発症する訳ではないので、10年以上経ってから病気になったとしても、原因としては特定できなくなっています。

 

 
RESERVA予約システムから予約する