自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

アトピーと喘息

アトピー症状が出ている方は小児喘息だった方が多いです。

そのため、呼吸が浅く、全身に酸素や栄養素が行き届かず、代謝が悪い状態になっています。

肋骨の動きの悪さ、硬さが目立ちます。

大人になっても疲れやすい方が多いです。

pexels-photo-27335

 

喘息とは

喘息の人の気道は、症状がないときでも常に炎症をおこしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。

炎症がおこっている気道は敏感になっていて、正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも気道が狭くなり、痰などの分泌物が増えます。

呼吸が苦しくなり、息をするたびにゼーゼー、ヒューヒューという音が聞こえたり、せき込んだりします。

 

患者さんは増加傾向

日本では、喘息の患者さんは増えており、400万人を超えています。

細菌・ウイルス感染、家屋構造の変化によるアレルゲンの増加、ハウスダスト(埃、ダニ、花粉、カビなど)、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、薬物、たばこ、アルコール、気圧の変化、長時間勤務による過労やストレス、清潔すぎる環境(衛生仮説)などが喘息を発症させる要因と考えられます。

これらに対する過敏反応として気管支平滑筋、気道粘膜のむくみ、気道分泌亢進などにより気道の狭窄・閉塞が起こります。

気道狭窄によって、喘鳴(喉のヒューヒューという高い音)、息切れ、咳、痰などの症状が出てきます。

喘息発作時にはこれらの症状が激しく発現し、呼吸困難や過呼吸、酸欠、体力の激しい消耗などを伴い、時には死に至ることもあります。

 
RESERVA予約システムから予約する