自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

結果を出す人、そうでない人

主体的に行動して自分の望みどおりの結果を出す人と、そうでない人がいます。
その違いには何があるのでしょうか。

やる人はどんな状況や環境だろうが、やる理由を探してやります。
逆に、やらない人はどんな状況や環境だろうが、やらない理由を探します。

やってもやらなくても過ぎる時間はまったく同じです。

 

考えを変えよう

出来ない理由を探す人は、何も達成できないです。
自分でできることを考えてそのまま行動に移す人が一番、結果が出やすい人です。

現在の自分の人生に満足をしていない人は、自分の考え方を変える必要があります。
行動に移すことで自分の人生を変えることができます。

girl-water-dawn-summer-157776

 

自分がどうなりたいかどうか

なかなか行動に移せないタイプの人は、時間がない、お金がない、コネがないなど、頭の中で先にできない理由から考えます。
反対にすぐにはじめられるタイプの人は、とにかくやってみようと、素直に行動に移せる思考回路を持っています。

できない理由を探す人は、チャンスを無駄にしています。

やらない理由を考えることにより、やらない自分を正当化しようとして、それにより心の安心を得ています。
できない理由探しに徹すれば,変化せずに済むので楽です。

要は自分がどういう人生を送りたいか。

やりたいことにチャレンジする人生を送りたいのなら,できる理由を考えて行動しなければならないです。

 

失敗したらどうしよう

目標達成ができない人は、難しい問題に対して、「自分にはできない」や「そんな時間はない」といった否定的な捉え方をしてしまいがちです。

そして、難しい問題に対して、「失敗したらどうしよう」と考えてしまい、ストレスが発生してしまいます。

目標に対して難しく考え過ぎたりしてしまう傾向にあります。

 

自分を信用できるかどうか

目標達成する人は、現状のスキルでは解決できそうにない困難が発生したときでも、自分ならできると考え、困難の壁を越えていくためにどうすればいいのか考え、行動していきます。

自信がなければ、解決できない新たな困難が発生した時に、自分にはできないと考え、困難を避けて通ろうと考えてしまいます。

よく自信がないという人がいますが、そういう方は失敗の恐れや脅威を考えてしまい、思い悩んでしまう傾向にあります。

 

継続が必要

目標を達成するためには、継続することが必要になってきます。
1回で成功するということは、ほとんどありません。

目標達成できる人は、目標に対して筋道を立てて考えます。

そして、そのためにできることをすぐにスタートし、試行錯誤していきます。

目標達成できない人は、本当に成功できるのか?と考え過ぎて行動に移せないことが多いようです。

才能ではなくて、考え方の問題です。

 

 
RESERVA予約システムから予約する