自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

ワクチンの成分

ワクチンは身体に有害ではないのでしょうか?

・ワクチンの材料は動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウイルスです。

・水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、世界中のインフルエンザワクチンに入っています。

・アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。

・ウイルスが活動しないように、不活性化するホルムアルデヒド。発ガン性物質として知られています。

・メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮を引き起こすことがわかっています。

・豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっています。

キャプチャ176

 

水銀の深刻な害

水銀は自然環境の中で見つけられる重金属です。

人間の脳に特に有害な作用を及ぼすので、体内に入れることは非常に危険です。

水銀のマイナスの効果に関する多くの研究があるにも関わらず、ワクチンに入れられています。

水銀は脳、腎臓、妊娠中の胎児に重大なダメージを与えることになり、それは永遠に回復させられることはないです。

年齢を重ねるごとに、判断力や理性的な思考能力の欠如、記憶力減退、精神不安定を引き起こしていきます。

水銀の体内に入ってくる経路はワクチン、アマルガム、食品(魚)です。

 

アレルギーの増加

アレルギー、喘息、花粉症、精神病の理由の一つです。

副作用として代表的なものは、ワクチンに含まれている物質へのアレルギー反応です。免疫機能がおかしくなります。

毒のオンパレード。 添付文書には劇薬と書かれています。

 

感染を防げない

インフルエンザワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。

インフルエンザウイルスは、そもそも鼻やのどから感染します。

これを防いでいるのは鼻水や唾液に含まれる体液性免疫です。現行のワクチンで予防できません。

ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。

 

インフルエンザワクチンの副反応

ワクチンは免疫をつけるために接種するものですが、免疫がつく以外の反応(副反応)を起こすことがあります。

接種を受けた人の10~20%の人は、赤くなる、腫れる、硬くなる、熱を持つ、痛くなることがあります。

これらの症状は通常2,3日で消失します。

接種を受けた人の5~10%の人は発熱、悪寒、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感、一過性の意識消失、リンパ節腫脹などの症状が起こることもあります。

これも通常は2,3日でなくなります。

 

まれな副反応

アナフィラキシー症状

非常に強いアレルギー反応です。

アレルギーの原因となるアレルゲンに対して、強い反応が起こることで全身にアレルギー症状が現れます。

のどの腫れによって気道がつまることや、血圧が低下することによって、短時間で命に関わる危険な状態になることもあります。

急性散在性脳脊髄炎

脊髄を中心とする中枢神経に炎症が起き、呼吸困難などの重体になることがあります。

ギランバレー症候群

自己免疫異常(アレルギー疾患)の一つで急性多発性神経炎ともいいます。

末梢神経が短時間で麻痺することで現れる症状です。

足が重い、しびれるという初期症状が現れ、数日のうちに手足が動かなくなります。

重篤な場合は、呼吸筋の麻痺、脳神経の麻痺、顔面神経麻痺などの症状が現れることもあります。

肝機能障害、黄疸

肝機能障害は、肝臓が正常に機能しなくなる状態です。

肝機能障害を放置すると、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどになる恐れがあります。

全身、特に皮膚や白目の部分などが黄色味を帯びてくる症状が現れます。

ぜんそく発作

ぜんそくになると息をするときにゼーゼーと音がしたり、咳や痰、呼吸困難の症状が現れたりします。

ぜんそく発作では、呼吸困難に陥り、話すことや歩くことが難しくなり、酸素の欠乏により唇や爪が青くなることもあります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する