自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

あまい表示基準

日本の現在の法律では、表示する必要のないもの(油や醤油など)や、含まれる量が5%未満であれば「遺伝子組み換えではありません」と表示することできます。

今まで安心だと思っていた食品にも、知らず知らずのうちに遺伝子組み換え原料が使われていた可能性が大きいです。

一方、欧州連合(EU)ではすべての食品や飼料、さらに添加物までを対象に、遺伝子組み換えの表示基準を0.9%と厳しくしています。

このため、日本で「遺伝子組み換えではありません」と表示された商品が、EU諸国に輸出され「遺伝子組み換えです」のシールを貼られて販売されていることがあります。

 

アレルギーを引き起こす

遺伝子組み換え食品にはこれまでなかった毒素やタンパク質が含まれている可能性があり、それによってアレルギーを引き起こす可能性があります。

また、大量に使用された除草剤が作物に残留し、私たちの身体に取り込まれてしまいます。

遺伝子組み換え作物が商業的に栽培されてから、まだそれほど経っていません。

この技術が私たちの健康に長期的にどのような影響を与えるのかは、科学的にわかっていません。

ヨーロッパでの疑わしいものは許可しないという予防原則の考え方が日本でも求められています。

 

表示されていないから大丈夫?

表示されてないから大丈夫!とは限りません。日本では遺伝子組み換え品使用の表示が義務付けられてる食品はわずか30種類ほどで、他の食品には一切表示されることがないのです。

また、家畜の飼料には米国産トウモロコシを使っていますから、遺伝子組み換えトウモロコシで育った肉を食べていることになります。

pexels-photo-132976

 

 
RESERVA予約システムから予約する