自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

どのような姿勢で寝ているのでしょうか?

睡眠時の姿勢ですが、悪い姿勢で眠ると健康への影響も出てきます。
姿勢によっては睡眠中に肺などを圧迫していたり、体の一部分に力が集中したりするので健康への悪影響が心配されます。

 

眠るときの正しい姿勢は仰向けです

仰向けの姿勢であれば手足は力が抜けてリラックスしアンバランスに体重がかかったりすることもなく、睡眠時の呼吸もスムーズです。

大切なのは全身に負担が均等に分散された姿勢で眠ることです。
部分的に負担がかかった姿勢で寝ると体の節々であったり、内臓が圧迫されたりして休息の妨げになります。

人は休むために眠るので、身体から疲れを取るためなのに不自然な姿勢で疲れを貯めこんだりすることを避けるためにも正しい姿勢で眠る様に気をつけましょう。

pexels-photo-101523

 

仰向けのメリット

一番のメリットは、寝ている最中に首・肩などに負担をかけないというところです。

仰向けで寝ることで身体の一部分に負担がかかるというのを防ぎ、全身にほどよく負荷がかかります。
一番リラックスできる姿勢です。

胸や肺を圧迫することがないので、呼吸がスムーズに行えるため睡眠中に息苦しさを感じることが少なくなります。

そのため睡眠の途中に起きることが少なく、快適な眠りを手に入れやすいといえます。

また、手足をまんべんなく広げることができるので、体温を下げやすく入眠時間を短くし、寝つきを良くすることができます。最も眠りやすい姿勢となります。

 

 しかし、仰向けで寝ても・・・

・枕が高い

・両手を組んで胸や腹の上に置く

・口を開けっ放し

などではリラックスして眠れませんので、注意が必要です。

 

うつ伏せ寝のデメリット

うつ伏せは、腰を反らした姿勢なので、腰に負担がかかります。

また、前面の臓器を圧迫してしまうため、心臓に負担がかかるのも問題です。

 

横向き寝

横向きの姿勢で寝るのは楽といえば楽な姿勢なのですが左右非対象なのであまりバランスがよくありません。

こうやって眠っている人は普段の起きているときでも体が左右どちらかに傾いていたりすることが多いです。
椅子などでも足を組んでいないと違和感があるかもしれません。

 

仰向けで万歳

仰向けで両手をバンザイするかのように頭の上に挙げて眠るパターンです。
一見問題はなさそうですが、両手を上に挙げた姿勢だと肺が満足に動かないです。

両手を上げっぱなしだと息を十分に吐ききることができないため、寝ている間の呼吸が十分にできません。

 

腰が悪い人には

腰に痛みを抱えている場合は横向きで寝ることも多いですよね。横向きになると、背骨の自然な曲線をキープでき、余分な負担がかかることもないので、楽に寝られます。
横向きの姿勢は腰の負担が少ないです。
痛む側を下にして横になり、ひざを90度くらいに曲げましょう。

仰向けに寝る場合は、腰が楽になる姿勢を維持します。

膝を立てると楽になるなら、膝を軽く曲げてその下に座布団やクッションを入れます。
足を高く上げると楽になるなら、座布団やクッションの上にふくらはぎを乗せます。

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する