自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

美しい姿勢とは

自分が美しい姿勢で立てているかどうかは、体の各部位が縦に一列に並んでいるニュートラルな姿勢が保てているかで決まります。

側面から見た時の姿勢

肩の真ん中

大転子

膝の真ん中より少し前

外果の少し前

前方から見た時 の姿勢

耳の高さ

肩の高さ

乳頭の高さ

上前腸骨棘の高さ

膝の高さ

くるぶしの高さ

 

自分で姿勢をチェックする方法

正しい姿勢を意識するあまり、カラダを反らしすぎてしまう人を多くみかけます。

これは、自然な姿勢といえるものではなく、正しい姿勢とはいえません。

チェックポイント

壁にカカトをつけて立ち、その後、お尻、背中、頭を壁に付けます。

4か所を壁に付けて違和感のあるところはありませんか?

壁に付くけれども違和感がある…という人は、ふだん、その部分が前に出ているということです。

腰と壁との隙間を見ましょう。
腰と壁の間に手の平を入れてみましょう。
ちょうど片手の平1枚分入るのが理想です。

 

インナーマッスル

きれいな姿勢に変える、その体勢を維持するには、インナーマッスルの強化が必要です。

インナーマッスルが強くなれば、正しい姿勢でいることが楽になるはずです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する