自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

目標を書くときのルール

私はからはじまる感情を込めた文体で書く。

私という言葉を入れないと潜在意識は誰の目標なのかを理解しにくいという性質を持っています。

~したいという願望ではなく、~しているという現在形で書くことです。

あいまいな表現では潜在意識は混乱してしまいます。

coffee-cup-desk-pen

 

期限を定める

期限を定めないと願望となり、目標として認識されることはありません。

そして、書いた目標を寝起きと寝る前に声に出して読むとより潜在意識に働きかけます。

書いた目標を朝・晩、声に出して読むことで潜在意識に継続的に イメージを植える効果があります。

寝起きと寝る前に効果的行うことが効果的なのは、寝起きと寝る前は変性意識という軽い催眠状態にかかっている状態だからです。

 

ネガティブな思考を吹き飛ばす

人間が抱える大半の思考は 自分の悩みや不安、劣等感に対してです。

脳内をスキャンして脳の電気信号を調べたデータでは 1日で考えるポジティブな事を1とするとネガティブな思考は9にもなるそうです。

 

差し出すものを決める

目標達成するためには差し出すものが必要です。

それは時間かもしれませんし。行動かもしれません。 忍耐かもしれませんし、覚悟かもしれません。

あなた自身が目標達成のために差し出すものは なにかを考えてみてください。

 

いい口癖を見つける

いい口癖は潜在意識にやる気となりえます。 一方、悪い口癖はやる気の火を消してまいます。

思考と同様、大抵の人の口癖はネガティブな口癖です。

あなたの口癖がネガティブになっていないかを意識して下さい。 そして、新たにポジティブな口癖に変えること意識するだけで 潜在意識に対するアプローチは大きく変わっていきます。

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する