自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

季節の変わり目の体調の変化

季節の変わり目には風邪を引くなど、体調を崩しやすいです。

これは主に気温の変化により、免疫力が低下してしまうことが原因です。

通常人間の平均体温は36.5度~37度程度に保たれており、これが最も免疫力が高い状態です。

しかし体温が1度下がると免疫力は37%低下し、体温が1度上がると免疫力は60%上がります。

つまり、体温が下がると免疫力は非常に低下してしまいます。

pexels-photo

 

交感神経の活発化

季節の変わり目、気温が急に下がると、人間の体は体温を上げるために交感神経を活発化させます。

交感神経優位の状態が続くと、免疫細胞の白血球の中の顆粒球が増加します。

顆粒球は細菌を退治する重要な働きを持っていますが、体内に活性酸素を発生させてしまいます。顆粒球が増えると、活性酸素の量も増えてしまうのです。

その影響で粘膜や組織が破壊され、様々な病気を引き起こします。

季節の変わり目に体調を崩しやすいのは、顆粒球と活性酸素が原因です。

 

乾燥している時はより注意が必要

風邪の原因となるウイルスですがウイルスは低湿・低音の環境を好みます。

湿度が高いとチリや埃と一緒に地面に落ちて人間の体内に侵入する頻度が少なくなりますが、乾燥しているとそれだけ長い間空気中を漂うことができ、体内に侵入する量が増えるのです。

このため、免疫系の働きが追いつかず、風邪を引いてしまいます。

季節の変わり目、ウイルスが活発化する冬場こそ免疫力を高めて健康を維持していきましょう。

 
 
RESERVA予約システムから予約する