自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

金属アレルギーは金属と汗などが反応して発症します

アクセサリーなどの金属が汗や唾液などの体液に溶け出し、体内に入り込み、タンパク質と結合します。

身体がこの結合物質を異物と認識すると、アレルギー源となります。

この免疫が過剰に働いた場合、金属アレルギーを引き起こし、かゆみやかぶれなどの症状が起こります。

pexels-photo854C4BNQ

 

アクセサリーは金属アレルギーの原因となります

触れたときにすぐ反応する人、長期間経ってから発症する人など人それぞれです。

特にピアスは危険だと言われています。

ピアスは直接血液や体液に触れるので、症状が生じやすいのです。

また安いピアスにはイオン化しやすい金属が使われているケースが多いので発症の確率が高くなります。

また、歯の治療に使う詰めものの金属が原因となって起こるケースや、 食物に含まれる金属に対してもアレルギー反応を起こす場合もあります。

口の粘膜や腸から吸収された後、汗として皮膚から分泌すると症状が現れます。

 

予防することが大切です

肌に優しい材質のアクセサリーを選びましょう。ニッケルが使われている製品はできるだけ避けましょう。

また、汗を多くかく場合は、極力アクセサリーを外すように心掛けることも大切です。夏場は特に多くの汗をかきますので、金属にできるだけ触れないようにしましょう。

皮膚科でパッチテストを受け、自分は何の金属に対してアレルギーなのかを調べることも有効です。

 

 
RESERVA予約システムから予約する