自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

出産時のアトピーの原因

出産時にも、アトピーを発症させる原因があります。

それは出産時の薬物投与です。

pexels-photo-54289

 

生まれてくる時、私たちは多くのものを母体から受け取っています

私たち哺乳類は母親の子宮の中にいるときは無菌状態です。

出産間近になると、胎児にこの社会で生きる条件としての免疫を移譲する為に、多くの乳酸菌が産道へ集合します。

そして、 出産と同時に、産道を通り抜ける赤ちゃんの体中に張り付きます。

赤ちゃんは産道で初めて菌と接しながら、社会で生き抜くための免疫をつけていきます。将来、腸内で必要な乳酸菌などをお母さんからもらいながら生まれてくるのです。

腸の中に棲みついた善玉菌達は、ここから6年の月日をかけて環境や食生活に影響を受けながら、 将来、免疫力に大きく関わる腸内細菌叢のバランスを決定していくのです。

 

抗生剤の害

産婦人科で産道に雑菌処理と称して抗生剤を投与して、必要な菌までも殺してしまうことがあります。 抗生剤の投与は、赤ちゃんの腸内の乳酸菌が減ってしまうきっかけとなります。

アトピーを発症する人は、腸内環境が乱れていることが多いようです。 将来の腸内に宿るはずだった乳酸菌を減らしてしまうことによって、アトピー発症率が上がります。

また、帝王切開では産道を通過しないために、乳酸菌を正常に受けられません。

 

アトピーの発症率は上がります

アトピーを発症しなくても風邪を引きやすいとか、免疫系の疾患は多く見られるようです。

腸内と膣内の細菌バランスは等しく、腸内細菌を整えることで膣内のバランスも整ってきます。

産道を整えておくためにも、食生活に気を付けたほうが良いでしょう。

 

 
RESERVA予約システムから予約する