自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

牛乳を低価格にするために

牛乳を低価格で販売するために、牛は機械のように育てられることがあります。

本来であれば、良質の牛乳を作るためには健康な牛の飼育が必要です。

牛の健康を保つためにある程度の運動をさせなければなりませんが乳牛の多くは牛舎につながれたままのことがあるようです。

その場合、せいぜい1メートルくらいしか動けないようにつながれています。

milk-glass-frisch-healthy-46520

 

牛のエサは?

日本の乳牛の99%は、アメリカから輸入されたホルスタイン種です。

餌についても牛は本来草食ですが草だけでは乳量が出ないので穀物(とうもろこし、大豆、麦など)を与える必要があります。

輸入の穀物には遺伝子組み換えのものが含まれている可能性があります。

さらに、化学飼料を摂取させられます。
この飼料は、国産物、輸入ものとありますが、いずれにしてもトウモロコシなどの穀物を主材料として製造され、これにも抗生物質が含有されています。

また、動物の骨や内臓を加工し粉砕した肉骨粉が栄養補強剤として添付されています。

そして、成長促進剤や早め早めに受胎し、乳の出を良くするために合成ホルモン剤が与えられます。

狭いコンクリート牛舎に押し込められ、充分な運動も与えられないため、ストレスが高まるのは当然で、その対策として精神安定剤まで与えられています。

 

乳製品は避けたほうが良い

牛乳などの乳製品にはアレルギーの原因物質が含まれるため、アレルギー症状やアトピー性皮膚炎などの症状をもつ方は乳製品を避けたほうが良いでしょう。

牛乳などを飲むとお腹がゆるくなる人がいますが、そのような人は乳糖を消化する酵素が減少している可能性があります。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が減少し、消化不良や下痢などを引き起こすのです。
授乳が必要な時期から幼児期まで乳糖を消化する消化酵素(ラクターゼ)はたくさんもっていますが、年齢を重ねるにつれてラクターゼが減少し、乳製品に対して消化不良を起こすケースが増えるようです。

乳糖の未消化が原因となって慢性的な下痢が続けば、腸内細菌のバランスが悪化している可能性があります。

消化不良はアレルギー症状を悪化させる原因になります。

 

乳製品のカゼインが消化できない

乳製品にはカゼインというタンパク質が含まれています。

このカゼインは消化されにくく、消化吸収に困難を生じさせます。

その為、食後はおなかが緩んでしまったり、人によっては下痢をしてしまったりします。

また、カゼインは発ガン性が指摘されているほど毒性が強い物質です。

カゼインは、粘り気も強く固まりやすい性質を持つため、腸から栄養が吸収されにくく腐敗しやすいです。

その為、おなかが緩んでしまったり、人によっては下痢をしてしまったりします。

カゼインを身体から出すために、皮膚からの排出される場合はアトピーになります。
ヨーグルトは、ほとんどがカゼインです。

ヨーグルトは乳酸菌の酸によって、牛乳タンパク質はホエイとカゼインに分離されます。

表面に浮いている薄黄色い液体はホエイで、固形のものがカゼインです。

 

牛乳を飲むとカルシウムは身体からドンドン減っていく

牛乳を飲むと、血中カルシウム濃度が一気に上がります。

すると身体は余分なカルシウムとして、せっかく入ってきたカルシウムを尿として排出してしまいます。

また、牛乳は、血液を酸性化しますので、それを中和するためにカルシウムが骨から溶け出します。

そして骨から溶け出したカルシウムは尿として排出され、体内カルシウムが減って行きます。

牛乳から取ったカルシウムはそのまま排泄され、 さらに骨からカルシウムが溶け出して排泄されます。

牛乳は飲めば飲むほどカルシウム不足をもたらします。

 

牛乳の脂肪分は消化に悪い

牛乳は、消化が悪い飽和脂肪酸を大量に含んでいます。 これが腸粘膜を弱らせます。

そして、乳脂肪は加工の過程で酸素と結合して、過酸化脂質になります。

過酸化脂質は、腸内の悪玉菌を増やし、細菌バランスを崩し、活性酸素を発生させます。

また、 牛乳は雑菌の繁殖を防ぐために加熱処理されますが、この過程でミネラルなどは破壊されていて、身体に良いものは残っていません。

 

牛乳のタンパク質がアレルギーの原因に

牛乳のタンパク質は、非常に小さな分子で出来ていますので、体内できちんとアミノ酸に分解される前に腸壁をすり抜けることが非常に多く発生します。

この牛乳タンパク質は カルシウムと結合していますので、免疫システムは異種タンパク質、すなわち異物の侵入とみなして排除にかかります。

さらに、牛乳タンパク質を分解するときに毒素が発生し、 これが免疫システムに弊害をもたらします。

 
RESERVA予約システムから予約する