自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

大人アトピーの実情

近年、大人アトピーでお悩みの方が増加しています。そして、患者さんが高齢化してきています。

発症時期は幼児期が最も多いですが、思春期以降に発症した方も4人に1人に達しています。

アトピーを患っている年数は10年以上の方が4分の3を占めており、大人アトピーの治療は長期にわたることが多いのです。

pexels-photo-26980

 

学業や職業に影響を及ぼす

最もアトピー症状が悪化した時には外出や交通期間の利用が困難になり、中には室内の移動も困難だと感じる方も多くいます。

そのため、引きこもりを経験した方も3人に1人の割合でおり、学業や職業に支障が出てきてしまい、退学や退職を経験されている方も多くいます。

 

医療機関を転々と

アトピー治療といっても様々なアプローチのやり方があります。

医療機関を何件も変え、自分に合う治療法を見つける方が多いようです。

医療機関を諦め、漢方や鍼、整体を受ける方も増えています。

 

ステロイド使用

ステロイドの使用はほとんどの方が経験がされているようです。

はじめはステロイド治療をしていたが、身体の異常や薬の副作用を感じ、脱ステロイドをする方が多いようです。

ただし、脱ステロイド後はアトピー歴の中で最もひどくなったという方が6割以上となっています。

 

金銭的負担

医療機関に支払った治療費の総額は100万円以上が3人に1人の割合です。

アトピーは長期にわたることが多いため、このように経済的な負担も多くなります。

さらに、職業への困難を伴うとき、患者の経済的状況が逼迫する可能性が高くなります。

 
RESERVA予約システムから予約する