自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

笑いが免疫力を活性化する

笑うと自律神経に変化をもたらし(交感神経と副交感神経のバランスが整う)、体内のさまざまな器官に刺激が与えられます。
交感神経優位の状態が笑うことにより、副交感神経優位の状態になり、免疫機能を活性化させます。

免疫力をアップさせるナチュラルキラー細胞が活性化したり、鎮静作用と快感作用のあるβエンドルフィンなどのホルモンが大量に分泌されるといった作用が起こります。

また、笑うことで副交感神経が優位となることにより、ノルアドレナリンの放出が抑制されるため、血圧の改善にもつながると考えられています。

その他の笑いの効能としては、がん、アルツハイマー、アトピー、ED、抗酸化作用への効果なども報告されています。

pexels-photo

 

脳細胞の活性化

笑いは脳血流の流れを促進し、脳細胞の活性化につながります。

ストレスの溜まった状態では交感神経が優位に働き、血圧も上昇します。
さらに、脳内の酸素消費量が増加して脳細胞の働きが低下してしまいます。

このような状態のとき、笑うことで脳内の血流量が増加し、酸素の供給が増え、新陳代謝も活発になり、脳細胞の働きが改善されます。

前向きにポジティブに生きていくことが病気にかかりにくい身体を作ります。

アトピー症状の出ている方は、深い悩みを抱えており、ネガティブ思考になりがちのように思います。

考え方一つでも、症状が改善へと向かっていきますので、当院では諦めず前向きに治療に取り組めるようにしています。

 

笑顔が大事

セルフイメージを書き換えるのに有効なのが笑顔です。
もしあなたが「否定的な言葉で頭がいっぱいだな」と 気が付いた時には「深呼吸をして意識的に10秒ほど笑顔に切り替えてみる」を試して下さい。

人間の感情は身体と密接な関係にあります。

無理やりにでも笑顔を作れば否定的な感情は弱まっていくものです。
肯定的なイメージ同様、否定的なイメージも何度か頭の中で 浮かんだだけではセルフイメージ書き換えには足りません。

しかし、否定的な言葉は肯定的な言葉と違い持続力があります。

意識して否定的なイメージを消していかない限り徐々に 頭の中は否定的なイメージであふれてしまうのです。

だからこそ、意識的に笑顔を作り否定的な感情を 打ち消していくことが効果的です。

 

快の感情の活性化

楽しくて仕方がないことをすれば快の感情が活性化します。
当然、セルフイメージには肯定的なイメージが植えつけられやすくなります。

自分に正直に自分の好きな事をめいいっぱい楽しむことがセルフイメージ向上になっていきます。
潜在意識は感情がともなった思考に敏感に反応します。

気持ちがよいという感情をあなたが存分に噛みしめることがなによりも大切なことです。

 

 
RESERVA予約システムから予約する