自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

セロトニンが精神面に与える影響

セロトニンは、心のバランスを整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足すると身体・精神の両面に様々な症状が現れます。

逆に、セロトニンが足りていれば、心のバランスが整い、安らぎを与えてくれます。
強いストレスを受けたり、精神的に不安定に感じる時にはセロトニンが不足しているかも知れません。

pexels-photo-40525

 

セロトニンの効果

セロトニンは腸内に90%、血液中に8%、脳内に2%程度ずつ分布していると言われています。

腸内のセロトニンの効果

ぜん動運動に作用し、消化を助けて整腸作用があります。

血液中のセロトニンの効果

血小板の中に収容され、止血作用、血管の収縮作用などがあります。

脳内のセロトニンの効果

ドーパミンやノルアドレナリンの作用を制御して、気分や感情のコントロール、衝動行動や依存症の抑制をしています。

 

セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やすための方法は、規則的な生活、太陽光を浴びる、リズム運動、適切な食事などがあります。

セロトニンを増やすには生活習慣を改善することが第一です。

朝起きて朝日を浴び、適度な運動とバランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活を心がけましょう。

セロトニンはリズミカルな運動によって活性化されるという特徴があります。

最も基本的なリズム運動として、歩行運動、食事の際の咀嚼、意識的な呼吸などのリズム運動があります。

 

不眠やうつ病との関係

セロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンと相対する性質があります。

セロトニンは脳の覚醒を促し、メラトニンには睡眠作用があります。

メラトニンが分泌している間はセロトニンの分泌は少なく就寝に適した時間で、逆にセロトニンが多く分泌されている間はメラトニンの分泌は少なくなり、活動に適しています。

太陽の光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、脳の覚醒を促すセロトニンの分泌が活発化されるのです。

昼夜逆転の生活をしていたり、日中部屋の中にばかりいて太陽光を浴びないと、セロトニンとメラトニンの分泌のバランスや、体内時計が狂ってしまうため、不眠症やうつ病になりやすくなってしまいます。

 

 
RESERVA予約システムから予約する