自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

同じ動作の繰り返し

なぜ、身体が歪むのでしょうか?

それは、身体の使い方の癖や精神的ストレス、内臓疾患、気候の変化などにより歪みます。

繰り返し同じ動作をしていると脳にそれがインプットされ癖になってしまいます。

脳は刺激を繰り返すことで記憶が強固になり、それが正しい状態だと認識してしまいます。

ですから、悪い姿勢を毎日続けることで、強固な歪みを作ってしまうということになります。

また、同じ動作を毎日繰り返すことで特定の筋肉が強くなります。

筋肉は骨についていますので、筋肉の拘縮により骨まで引っ張られてしまいます。

それが歪みになっていきます。

仕事やスポーツ、利き手、利き足なども関係します。

 

精神面から

精神面からも歪みが生じます。

人間の体は、精神的にもストレスがかかると、体を防衛しようとして筋肉が緊張します。

ストレスにより自律神経が乱れ交感神経が優位になると、血流の悪くなり、筋肉の拘縮を招き、神経の通りが悪くなります。

 

内臓から

内臓が悪いと、周りの組織(他の内臓や筋肉など)と癒着しやすくなってしまいます。

癒着した内臓は、他の組織お互い引っ張り合ってしまいます。

そうすると、骨格筋を引っ張ることになり、歪みの原因になってしまいます。

内臓の位置が変わり、機能が低下すると、本来の力が発揮できません。

肝臓や腎臓に負担がかかると、毒素の排泄にも影響が出てきますので、アトピーの原因にもなります。

食事は冷たいものや刺激の多いもは避けましょう。

また、大食い、早食いにも気を付けましょう。

 

 
RESERVA予約システムから予約する