自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

βエンドルフィンの作用

βエンドルフィンは、脳内の神経伝達物質のひとつです。

βエンドルフィンは脳内麻薬と呼ばれており、モルヒネの6.5倍の鎮痛作用があります。
そして、脳を活性化し、精神的ストレスの解消にも効果があります。

 

βエンドルフィンの免疫力をアップさせる効果

βエンドルフィンには免疫細胞の防御反応を強化する作用もあります。
毛細血管を広げて、血液循環が良くし、免疫力をアップさせ、病気にかかりにくくする効果もあります。

βエンドルフィンは身体をサビさせる活性酸素を減らす抗酸化作用もあります。
その為、たくさん分泌されている人は老けにくく、いつまでも健康で若々しい外見でいられます。

また、βエンドルフィンは、T細胞を増殖させます。
T細胞は免疫系の主役ともいえるリンパ球で、外部から入ってきたウイルスなどに感染した細胞を破壊するなどの機能を持っています。

 

βエンドルフィンを分泌させる方法

目標を達成したり、夢が叶った瞬間、成長を実感した時にもβエンドルフィンは分泌されます。
できないことができるようになった時や、自分の理想に近づいた時に、とても良い気分になるのはβエンドルフィンのおかげです。

すると、さらなる意欲が湧いてきて、また大きな成長を遂げるようになります。

楽しいこと、嬉しいことを想像しているだけでもβエンドルフィンは分泌されます。
最終目標を明確にして、それが叶った瞬間をイメージすることが重要ですね。

happy-girl-enjoying-the-summer-in-sunny-vineyard-picjumbo-com

 

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する