自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

アトピー患者さんは感染症への注意が必要

健康な皮膚は正常なバリア機能が働き、病原体の侵入を防いでいます。

たとえ侵入したとしても、それを撃退する免疫システムがあります。

しかし、アトピーの方は皮膚に炎症や傷、乾燥などがあり、皮膚のバリア機能が低下し、外部から細菌やウイルスが体内に侵入しやすい状態になっています。

また、アレルギー症状が強いときは、細菌やウイルスに対する免疫がより低下した状態で、体力も落ちているため、特に注意が必要です。

 

感染症の原因となる病原体

感染症の原因となる病原体は大きく分けてウイルス、細菌、真菌などに分類されます。

細菌は、黄色ブドウ球菌がその代表例です。ウイルスは小さく、生物の細胞内でしか増殖できない病原体で、インフルエンザなどで知られます。真菌はカビの仲間で、菌糸を持つものです。

 

目にも悪い影響を与えます

激しいかゆみのために顔を強くこすったりすると、眼の病気(結膜炎、白内障、網膜剥離)になります。顔の炎症がひどい人によくみられる合併症です。

アトピー患者さんは、アトピーの患部を掻いた手で目をこすると、ウィルス、細菌、真菌(カビ)などの感染症の原因菌を目に感染させてしまいます。

アレルゲンが結膜に付着する事で起こるアレルギー性の結膜炎は、目を掻く事でさらに悪化します。

 
 
RESERVA予約システムから予約する