自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

経費毒とアレルギー

経皮毒とは、皮膚(経皮)を通して、体内に有害化学物質が入ってくることです。

皮膚構造は3層になっており、外敵や異物の侵入を防いでくれています。

界面活性剤をはじめ、日用品などの多くに使われている化学物質は、極めて小さい分子の集合体でできており、皮膚を簡単に通り抜けてしまいます。

合成界面活性剤などで皮膚バリアである角質層が破壊されると、そこから脂溶性の高い有害化学物質が浸入してしまい、真皮の毛細血管まで入り込み、血液に乗って全身に運ばれてしまいます。

また、真皮の下には皮下組織があり、ここは脂肪が多く含まれているため、この脂肪に脂溶性の高い有害物質が蓄積することになります。

 

なかなか排出されない

口から吸収した化学物質は、肝臓で解毒、分解され、腎臓から排泄されていきますが、皮膚から入った化学物質は10日かかって10%も排出されないと言われています。

経皮吸収したものは解毒、分解する器官を通らないので、そのまま皮下脂肪に蓄積されたり、血液を通って子宮や脳に蓄積されると言われています。

子宮の経皮毒は、子供にも影響を及ぼすと考えられています。

母親の羊水や胎盤を通じて、子供に移行していきます。昔と比べ、アレルギーの子供が増えている原因の一つと考えられています。

 

日用品の経費毒

日用品で経皮毒の恐れがあると考えられているものは沢山あります。

化粧品、ハンドクリーム、台所用洗剤、洗濯洗剤など・・・

成分をチェックすることが大切です。

医薬部外品という部類になっているものは、全成分の表示義務がないため、消費者がわからない成分が入っている場合がほとんどです。

 

経費毒の吸収率

頭皮は、腕に比べて3.5倍も経皮吸収率が高いようです。

シャンプーやリンスの殆どの成分が界面活性剤といわれる経皮毒性をもつ化学物質です。

吸収された脂溶性の化学物質は脳に届き、蓄積してしまいます。

口の中などの粘膜吸収率は、経皮吸収率に比べて10~20倍も高くなっています。

歯磨き粉やマウスウォッシュなども注意が必要です。市販されている歯磨き粉の殆どには有害化学物質が使用されています。

性器については、40倍と突出した吸収率となっており、入浴剤やボディソープ、生理用品、避妊具などは特に安全性の高いものを選ぶ必要があります。

 

細胞膜を通過する

経皮吸収には、吸収しやすい条件が2つあります。

一つ目は分子量が小さいことです。

皮膚細胞に関わらず、細胞膜は「分子量が500以上の大きな物質は通さない」という特性をもっています。

そして、日用品は分子量が非常に小さいものが多いため、吸収しやすくなっています。

ただし、体内に侵入してもそれだけではアレルゲンとはなりません。

皮膚組織のタンパク質と結合することでアレルゲンとなり、アレルギー反応を引き起こします。

自己のタンパク質と結合することでアレルゲンに変身し、免疫システムの攻撃対象となってしまうのです。

これがアレルギー性接触皮膚炎です。

こうした皮膚アレルギー(接触皮膚炎)は、アトピーと深くかかわっています。

 

皮膚温度が高いと・・・

二つ目は皮膚の温度が高いことです。

皮膚の温度が高いほど、有害物質は吸収されやすくなります。

つまり、入浴中は特に吸収率が高くなっているため、シャンプーやリンスには特に注意する必要があります。

以上のように、普段何気なく使っている日用品は多くの有害物質を含み、あなたの身体の中に侵入します。

そして、その有害物質が蓄積され、一定量に達するとアレルギーなどの様々な症状を引き起こします。

普段から有害物質を少しでも吸収しないように工夫することが、身体を健康に保つための第一歩となります。

pexels-photo-134690

 

 
RESERVA予約システムから予約する