自律神経失調症(アトピー皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

たばこの有害物質

たばこの煙にはアレルギー症状を悪化させる原因になります。

たばこの煙に含まれる有害物質が刺激になります。

タバコの煙に含まれるニコチンは血管を収縮させてしまい、 栄養や酸素が身体のすみずみまで行き渡らなくなってしまいます。

このことにより、肌の細胞にも栄養と酸素が不足した状態になってしまうため、 新陳代謝もうまくいかなくなり、アトピーが悪化してしまいます。

また、タバコの成分にタールは気管支だけではなく、胃腸などの消化器官にも悪影響を及ぼします。

タールが胃腸に付着すると食物の消化が上手くいかなくなり、体内に侵入したアレルゲンを吸収してしまうことにつながっていきます。

 

たばこと活性酸素

たばこを吸うと、活性酸素が大量に発生して細胞の老化を促進させます。

肌細胞も活性酸素の影響を受けることになり、肌細胞の再生も鈍くなってしまいます。

アトピー性皮膚炎は、肌の再生力が弱いため喫煙によって悪化することが考えられます。

活性酸素が多いと、免疫機能が障害を受け、抵抗力が低下してしまいます。

刺激に弱いアトピー肌が、ますます刺激に弱くなってしまいます。

 

肌のph

健康的な人では体内は弱アルカリ性で肌表面は弱酸性に保たれています。

喫煙者の場合は、たばこを吸うことで血管が収縮して血流が悪くなり、体内が弱アルカリ性から弱酸性へと傾きます。

すると、体内と皮膚表面のpH値のバランスが乱れ、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

アトピー症状の方はタバコは吸わないほうが良いです。

非喫煙者の場合はタバコの煙をできるだけ避けるようにしましょう。

 

 
RESERVA予約システムから予約する