自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

水毒とは

水毒とは「水」が体内に滞った状態の事を指します。

この「水」は水分だけの事ではありません。水毒の「水」とは体の中を巡る水分=体全体の「体液」の事です。

体液には老廃物を回収したり排出する役割がありますが、この体液が滞ってしまうと、身体に影響が出てきます。

 

過剰な水分摂取は水毒の原因です

水毒は水を摂ることが原因ではなく、間違った過剰な水分摂取が原因なので、水分摂取を控えればよいという訳ではありません。

人間の体は約60%が水分でつくられており、身体にとって非常に大きな部分を占めています。

1日に必要な水分量は1~2リットル程度です。

この位の水分は過剰摂取にあたりませんが、1日の水分量摂取が極端に多かったり一度の水分の過剰摂取は水毒の原因になります。

一度に大量の水分を摂取してしまうと体にも負担をかけてしまうので、一回の水分摂取はコップ1杯程の量を目安にこまめに飲みましょう。

woman-coffee-cup-mug

 

体の冷え

人間の体は、60兆もの細胞からできています。

その細胞には老廃物や油分(中性脂肪やコレステロール)がこびりついてしまっています。

冷たい水が体の中を通過していくとき、油分や老廃物をこびりつかせてしまう性質があります。

それらを洗い流すために、肝臓が冷えた血液を暖めて心臓に送っています。そのために肝臓は常に40℃に保たれています。

ところが、冷たい水を飲むと肝臓の働きが急激に悪くなり、血液を暖めることや、胆汁の生成、解毒作用などの働きが鈍くなります。

そのため老廃物や油分を取り除くことができなくなります。

やがて活性酸素が、これらの油分を過酸化脂質に変化させます。

過酸化脂質は血管を固くし、血栓を作るので、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞へとつながっていきます。

 

温かい水は体内を掃除して、細胞を若く保ちます。

冷たい水は細胞膜を通過しませんが、温かい水は細胞膜を通過していきます。

そして、温かい水は、細胞内に入って新たな組織の一部となっていきます。

その時、老廃物と一緒に古い水を押し出していくので細胞が常に若い状態で保たれます。

また、病気の原因である油分を掃除していくことにもなります。

 

もし、冷たい水を飲む時には

冷えは万病の元といわれますが、体が冷えると体内の巡りが悪くなるので体液の滞りが発生しやすくなります。

冷たい飲み物や食べ物がに注意し、意識をして体を冷やさないようにしましょう。

冷たいものは一気に飲まずに、一口ずつ口に含み、口の中で転がしながら飲み込むようにします。

そうすることで、水が体温近くになって内臓への負担が減ります。

 

水毒の症状

水毒はアレルギー症状に多く出てきます。

この水毒を治すことはアレルギー症状を治す方法の一つとして非常に重要なことになります。

日本は湿度の高い国です。特に梅雨の時期は湿度が高いので汗が出にくい状態です。

汗が出にくいと、体の余分な水分が体の外に出ないために水毒になりやすくなります。

 

 
RESERVA予約システムから予約する