自律神経失調症(アトピー性皮膚炎、うつ病、摂食障害)なら笹塚美容皮フ整体
つらい症状の原因を解明し、根本治療します。改善から完治までお任せください。

活性酸素とは

私たちは、呼吸により酸素を体内に取り入れています。

その酸素を使って食事で摂った栄養素を燃やし、エネルギーを作り出していますが、この過程で取りいれた酸素の約2%が活性酸素になると言われています。

活性酸素は体にとって必要な物質です。

体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために、白血球から放出されます。

また一方で身体に悪影響を与えてしまう側面もあります。

人間の身体の細胞膜は不飽和脂肪酸という油で作られています。

不飽和脂肪酸は活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となります。

そうすると、細胞が栄養と老廃物の出し入れをスムーズにできなくなり、老化してしまいます。

活性酸素が増加する原因は大気汚染、排ガス、放射線、紫外線、電磁波、化学物質などの環境問題、

ストレスなどの精神面、食品添加物などの食事面などがあります。

 

活性酸素除去

身体には活性酸素を除去する働きもあります。SODなどの活性酸素除去酵素です。

これら酵素の働きで体の中の余分な活性酸素が還元、消去されるのです。

ただし、この活性酸素除去酵素の生成は20歳頃がピークだといわれています。

それ以降どんどんと生成量が減っていきます。40代になるとなんとピークの半分にまで減少してしまいます。

年齢とともに老化していくのは活性酸素除去酵素の生成が少なくなってきて体を活性酸素の老化から守れなくなってしまうのが原因の一つです。

それだけに、体外から抗酸化成分を補い、抗酸化力を高めることが重要です。

pexels-photo-28201

 

活性酸素と老化

酸素には鉄をサビつかせるほどの酸化作用がありますが、活性酸素はその作用がより強力になり、毒性を強めたものです。

活性酸素は老化を加速する原因でもあることが明らかになっています。

活性酸素は、細胞内のミトコンドリアやDNA、細胞膜を酸化させ、傷つけます。

細胞膜は油でできており、活性酸素の攻撃にさらされると、細胞膜の機能を果たせなくなり、細胞は死んでしまいます。

 

ミトコンドリアでの代謝

私たちは生きているかぎり、酸素をとりこみ続けています。

酸素は、肺から血液中に入り、全身の細胞に運ばれ、ミトコンドリアという小さな器官でエネルギー代謝に利用されますが、その代謝の過程で酸素の一部が活性酸素に変化します。

身体にとりこんでいる酸素は1日700〜800リットルといわれますが、その1〜2%が毒性の強い活性酸素に変わります。

 

 

 
RESERVA予約システムから予約する